BUMP of chicken タワレコ 特典

発売してから早くも1ヶ月経とうとしているBUMP OF CHICKENのニューアルバム
「Butterflies」。

私はタワレコのネットショップで事前に予約して購入しました。

タワレコを選んだ理由はこちら
BUMP of chicken Butterfly【BUMP OF CHICKEN非公式】

ベストアルバムの時の特典と同じく、今回もタワレコだけはA全ポスターだったので
特典だけで選択したとしてもタワレコを選ぶくらい私にとっては豪華な特典でした。

で、普通に貼るのは恐れ多すぎるポスターなので、Amazonでポスター用のフレームを買って飾りました。

BUMP of chicken タワレコ 特典

フレームはこの商品です。
ポスターフレーム シェイプA1(594x841mm)ブラック

ちょっと奮発ですが買った甲斐があったと思います。
寝室の壁に貼りました。
寝る前に眺めて眠れるのは最高だったったら~(ray)って感じですねw

 

アルバムのレビューも書きたいところですが
結局「最高だったったら~」で終わるから、あまり言葉にしたくないのもあり書いていません。

 

藤くんが作詞をする時に、言葉にしたいけど出来ない時に
ラララ
と表現する、というのを読んで
私も凄く納得しました。

音楽雑誌とかでアルバムレビューとか読みますが
的確に表現するのは難しいなぁと思う事が多々あります。

なので、好きな人は聴けばいいと思うし
興味なければ聴かなくていいんじゃない?と思うです。

批判したり、絶賛したりは心の中に留めておくものかなと。。。

 

会話でそういう事を言うのはまぁ普通にコミュニケーションの一環だと思います。
でも文字化する必要ってある?と感じている最近の私です。

だから雑誌でもメンバーインタビューが掲載されているのは読む価値があると思いますが
レビューとかってあまり意味を見いだせないというか。。。

あくまでも私の私感ですが。

 

来月からいよいよツアーが始まりますね。
私は名古屋に参戦です。
ライブレポとかは私も読むのを凄く楽しみにしているので
大阪に行かれるかたは是非レポって欲しいです。

私も名古屋をレポしますね!
前回、幕張が音漏れ組だったからすっごく楽しみです
(≧▽≦)ノシ

Related Articles:

ニッポンのロック情報満載
にほんブログ村 音楽ブログ 邦ロックへ
にほんブログ村


BUMP 20 レポ

前回の物販に関する記事の続きです。

物販会場を後にして、そろそろリハーサルが行われているかもと思いライブが行われる会場の方に向かいました。

すると丁度タイミング良く、Butterflyを演奏していて、周囲にもそのリハを聴いてる人もちらほら。

その後は曲らしい曲はやっていなかったので、休憩するために物販会場のホールに戻って開演時間の18時までしばらく時間を過ごしました。

チケットを持っていない状態でライブに来たのは始めてでしたが、開演まで自由な感じがちょっと良かったです。

で、移動して、どこらへんに居ると良く聴こえるのか分からないのでとりあえず幕張メッセの外周を一周しました。

館内のステージはJRの線路寄り方向だったので、線路側方面の歩道橋にしばらく居たんですが始まっているであろう時間になっても音が全然聞こえないし
電車の音とか、出店がいくつかあって、その出店の発電機の音がうるさくて移動しました。

11番ホールのゲートの近くに来たら天体観測が聞こえてきました。
移動して正解です。

11番ホールのゲートは時々車の出入りもありシャッターが開くんですが
そのタイミングだとかなり鮮明に音が聞こえました。

シャッターが閉まっていると何の曲か判断するのに時間がかかりました。

音漏れだからこのレベルでも充分だと思ってたんですが、終盤くらいにゲートを開けるとの事で移動をお願いされました。

11ホールゲート周辺の動きが激しいので、10番ホール方向に移動。

するとさっきよりもさらに鮮明に音がハッキリと聞こえました。

ステージよりも遠いほうが全然良く聞こえたのです。。。

事前にちょっと情報を調べておけば良かったと後悔。

でも10番ホールのシャッター付近の路上は、道路を渡ったところに駐車場があって、そこの車が出庫する時の音が時々気になります。

2階の入り口周辺の音はどの程度だったのか分かりませんが、もしかしたら2階の方が聴きやすかったかもしれません。

1階の路上から2階に上がるにはグルッと回らないと行けないので選択はかなり難しいです。

日中はかなり暖かかった幕張ですが夜になるとさすがに冷え込んでいて、周りの女性はかなり寒そうにしていました。
私はブランケットを持参していたのでさほど寒くなかったですが、寒そうにしている女性が可哀想でした。

こういう時ってTwitterは最強ですね。。。

帰宅してからTwitterを見てたら、2階部分の入り口周辺にいた音漏れ組さん達はホールの中に入れてもらえてたそうです。

最近Twitterをよく利用してるんですが、PCで閲覧しているので、スマホではほとんど利用していません。
今度からライブの時はスマホを必ず持って行こうと決意しましたw

(ちなみに普段はガラケー)

音漏れだとMCまでは聞こえないので、場内にいた方々がMCの事をTwitterとかで書いてくださるのは凄くありがたいです。

でもこの場に来られない人も少なからずいるので、こうして20周年ライブの現場に立ち会えた事はとても感慨深いです。

チケットを買えなかったという選ばれなかった未来を
自分で現地に行くという選択の未来を掴めたのです。

今回、チケットが当たらなくて中に入れる人がとても羨ましかったですが
幕張メッセの音漏れ情報も分かったし
何よりも素晴らしいセトリで、新曲のButterflyを生で聴けたし、初めて聴く曲も少なからずあったので音漏れでも凄く満足でした。

何よりも音漏れ組はガチのバンプファンだと思うので、その中に混じれた事が嬉しいです。

ニューアルバムに収録されているGOという曲の歌詞が、まるで音漏れ組の事を歌ったような歌詞だとTwitterに投稿されていて、改めて歌詞を読んでみたら、確かにそんな感じの歌詞でした。

チケットがなくてもとりあえず現地に行けるなら行く。
こういう行動力はBUMPが原動力だなとつくづく痛感しました。

BUMPの音に触れると感動と元気をいただけて本当に幸せを実感できます。
「行かない後悔」だけはしたくないので、どんなに疲れていても必ず行くのが私にとってのBUMPのライブです。

20周年を迎えたBUMP OF CHICKEN。
私の子どもも1996年2月生まれなので同じ時代を生きてきていて
そういう意味でも非常に感慨深い20周年です。

おめでとうございます。これからもずっとずっと素晴らしい音楽を届け続けてくださいね。
宜しくお願いいたします。

いつも、ありがとう。BUMP OF CHICKENが大好きです。

Related Articles:

ニッポンのロック情報満載
にほんブログ村 音楽ブログ 邦ロックへ
にほんブログ村


BUMP 20 グッズ

2016年2月11日の幕張ライブレポです。

まずはグッズ物販から。

朝イチで行こうかなと計画してたんですが前日の夜は仕事だったので朝イチだと睡眠時間が4時間。

一応目覚ましはセットしましたが、起きられるはずもなく、一旦は起きたものの、ぶっ倒れる懸念があったので2度寝してから出かけました。

幕張メッセに到着したのは9時40分ころ。
物販会場はライブ会場とは別の、大きい方のホールで行われていました。

カウントダウンジャパンの物販スペースと同じ場所です。

お客さんが並んでいる場所に到着するとすでにかなりの人数が並んでいました。

でも場内で整列してくれているらしく販売前なのに列は順調に進み、並んだ時点では場外でしたが、すぐに場内に入れました。場内まで多分30分くらい。

気温が温かかったから寒くなくて良かったです。

こんなにスムーズに進むならグッズを買うまでもそんなに時間がかからないかも、と高をくくっていたら大間違いw

販売開始になっても列はあまり順調に進みません。

でも一箇所に止まっているわけでもないのでジワジワ進みます。

途中、会場の後ろの3分の2くらいまで来たところで

「ここから売り場まで約180分」という掲示が。。。

その時点ですでに1時間半くらい待ってたので、かなりげんなり(;´Д`)

私はトイレはかなり遠いほうなので大丈夫でしたが、トイレが近いとかなりヤバいと思いました。同行者がいても列から抜けて戻るのはかなり至難の業に思われたし。

で、なんとかグッズ売り場にたどり着けたのはすでに14時を回っていました。

駅で食べるものを調達していたので、並びながら食べたりしてお腹を持たせました。
備えあれば憂いなし、を痛感しましたねー。

大福とか買っておいたんですが、カロリーメイトみたいなものの方が恥ずかしくなかったです。。。

BUMPの物販で並びながら大福を食べる女、みたいな感じで(*´ω`*)恥

並んでいる途中で、完売情報がアナウンスされました。

MA1のMサイズ(黒とカーキ両方)と、TシャツのXLサイズとキャップは私が売り場に到着した時点で売り切れ。

買っている間にTシャツのどれかのLサイズが売り切れました。

大きいサイズから売れていくのが意外です。

今までだとTシャツは小さいサイズから売り切れていってたので、私はSサイズだからなかなかTシャツを手に入れられなかったんですが今回は普通に選べて買えたから良かったです。

Tシャツの第1候補はネイビーで、次はどれにしようかかなり悩んでました。

20周年Tシャツのもう一つの色は茶色とカーキの中間くらいのアースカラーで、私みたいな歳いってる人が着るとちょっと恥ずかしい色だったし(若い人が着るとカッコイイ色です)、リビングデッドのTシャツも若い人が着るといいんだけどやっぱり私には抵抗があったし。

リビングデッドのTシャツはバックプリントがカッコ良かったから
ネイビーが完売してたらリビングデッドTシャツの黒を買っていたかも。

まぁ無事に第一候補が入手できて一安心。自宅を出たのが遅かったからホントに良かったです。

あとはタオルとバンダナとリストバンド(両色)。

タオルはかなり久しぶりに買いましたが、クオリティが非常に高い!
厚めな生地で使い心地が良さそう。日常遣いするのはもったいないけど使ってしまいそうなクオリティです。2つ買えば良かった。

バンダナは思ったよりも大判だったし、リストバンドも紺色は初めてで、頑張って並んだ甲斐がありました。

14時半くらいに物販会場を出て、並んでいるところを2階から観たら、会場の3分の2くらい埋まっていました。

恐らく、並んだ人が一番多い時間帯に並んだような気がしました。

でもTwitterで私よりも早く並んだであろう人が5時間待った、ってつぶやいてたから、2時間前に到着しても同じくらいの待ち時間だったのかも。

MA1が欲しい人は早く並んだほうが良かったんだろうけど、私みたいにそうじゃない人は販売開始2時間前くらいに並べば充分じゃないかと思います。

Tシャツはその時のお客さんの客層で売れるサイズが違ってくるから何とも言い難いですけどね。

今回、XLが一番先に完売したのには驚きでしたし。

今後の物販待機の参考になれば。

 

 

ところで、物販に徹夜で並んでいた人がかなりの人数いたそうです。

Twitterではマナー違反だとか、ファンの評判を下げる行為だと、かなり叩かれています。

でも前日にすでに並び始める場所を掲示してあるのが、私はどうなのかなと思いました。

恐らく、イベント会社にとっては前日から並ぶのがデフォになりつつあるんだと思いますが、事件や事故が起きたら公演中止にもなりかねないので、私も前日から並ぶのはやめた方がいいと思います。

今回のライブは遠方から来ている方もいると思うので、中止なんかになったら旅費までは帰ってこないだろうから大変ですよ。

宿泊で来ている人もかなり居ただろうし。

Twitterで「事前の通販をやってほしい」って声がありましたが激しく同感です。

他のアーティストだとこういう事はやっているのに、BUMPのライブは何故かやらない。

チケットの転売対策もまったく手つかずだし、トップアーティストのライブの興業としてはちょっといろいろ問題があるように感じています。

公演の主催者さんには何とかして欲しいと切に願うばかりです。。。

ただでさえ過酷なライブを1人でも多くの人が楽しめるような対策を。

Related Articles:

ニッポンのロック情報満載
にほんブログ村 音楽ブログ 邦ロックへ
にほんブログ村